読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特になんでもない日記・・・

日常の出来事とかをツラツラと。。。

実燃費 カタログ値と大差 不正4車種50%台

www.tokyo-np.co.jp

三菱自動車問題からスピンアウトしたような関連記事。こういうの今まで「暗黙」ではあったと思いますが、時代の流れですかね?記事になって大問題になる。んじゃ、今まではどうだったのか?

三菱自動車の場合、データの改ざんとかじゃなくてそもそもニセの試験結果だったという悪質なモノらしいですが、他の自動車メーカーはどうなんでしょうね。カタログ燃費とかって言葉があるくらいだから誰もアテにしてない、参考にしかならない「燃費」というものに対して補助金だしてたり減税するんですから大した基準ですよ。外国に住んだこと無いので分かりませんがこの国はそもそも基準が多すぎると思います。こんなんだったら、排ガスの基準なんて撤廃したほうが良さそうですよね。なんでも基準で囲い込んじゃって… カタログって意味ではノートPCのバッテリーなんかも全く意味をなさない数値だったりしますよね。実際の使用により変わる訳ですから。役人側からすれば消費者の立場・観点からしての基準だと言われるかもしれません。車の優劣は燃費だけでは無いのですが、購入の判断基準に「燃費」ってキーワードはすごく重要になってるのは事実。一時のプリウスなんかそれだけな時ありましたもんねw

ちなみに、三菱自動車の該当車種ですが、仕事で10年ほど前に使用してました。擁護するつもりじゃありませんが、乗り心地の良い軽自動車でしたよw 燃費はまぁ60%だったでしょうね(笑) 同世代の他社軽自動車に比べて三菱自動車は乗り心地とかをアイデンティティにしてるのかなぁって勝手に解釈してました。

燃費意外に優先的な基準を作成するという手法もあると思います。基準だらけで何がなんだかわからなくなると思いますが、この国ってそういうの好きですもんね(皮肉